ヨガを見て思った事

ミキティこと藤本美貴さんのヨガの動画を見ました。
ヨガウェアはトップスのピンクは似合っていましたが、ボトムの黒のショートパンツとレギンスがダサい感じがしました。
レギンスが長すぎでバランスが悪いです。ピンクと黒の組み合わせも合ってないような気がしました。
トップスと同じトーンのボトムの方がしっくりきそうです。もしくはトップスもダークカラーにすると全体に統一感が出てよいと思います。
背景の壁の色とも合ってませんでした。
動画でやっているヨガのポーズ「太陽礼拝」はヨガの基本のポーズで、私もやったことがあります。初心者にはなかなか難しいポーズでした。ヨガにはいくつものポーズがあって「鷲のポーズ」とか「魚のポーズ」など聞いたことがあります。
ダイエット目的でヨガをしている方も多いようです。ダイエット効果は確かにあるかもしれませんが、食事制限と組み合わせないと痩せない気がしますので、自分がダイエットをするなら、糖質制限などのダイエットをしたいと思います。
ヨガはダイエットというより体が整ったり精神的なリラックス目的でやってみたいです。
ヨガは産後の骨盤矯正にも効果があると思います。ヨガをやっているという芸能人で出産を経験した後も、スッキリとした体形をキープしている方がいるので、しっかりやれば骨盤矯正になると思います。
女性の健康法としてヨガはとてもよいと思います。

スタジオに通わなくても自宅で自分のペースでできるのもよいし、リラックスできるのが一番良いところだと思います。私はヨガはたまにいくつかポーズをとる程度ですが、健康に役立っていると感じています。ヨガ以外の健康法として実践しているのは冷え取り健康法です。靴下の重ね履きや半身浴をして常に下半身を温めるという健康法で、私は長年冷えに悩まされていたのが冷え取りをしてずいぶん楽になりました。
ヨガにはホットヨガもありますが、これはあまり良くないのではと思っています。


摂氏40度ほどの室温で体を動かすのが不自然な気がします。汗が出てスッキリするのはわかりますが、私はあまりやってみたいとは思いません。


しかしながら、最近は出会い目的でヨガを始める男性もいると聞きました。私の住む千葉県でも男女共用のホットヨガスタジオが、かなりの数あるようです。

松戸市、柏市、浦安市、習志野市、成田市、印西市、我孫子市、千葉市、にあるとのことでした。

ヨガ 男性 千葉県

こんな場所で知りあって結婚までする人もいるそうです。

Page Top ▲

千葉での買い物とジャガイモ料理


我が家から子供へ、引き継がれる野菜は、じゃがいも料理です。

野菜の本当のおいしさを知ったのは、結婚をして子供が出来てからだと思います。それまでは、メインの肉や魚の脇役的なイメージでした。
野菜が自分にとって、メイン級の食材になるとは、思いもしませんでした。
でも、より深く好きになったきっかけは、初めて子供と料理を作った時でした。


子供が小学1年生の時に、週末はパパと我が娘で料理をすると決めて、週末の料理の食材を娘と毎週、買いに行っていました。
ただ、買い物には条件があります。1日の食材にかけるお金は千円でした。
家族3人の晩ご飯を千円で賄わなければなりません。最初は肉料理をしていたのですが、やはり、量が少ないので、どうしようかと考えた結果、野菜に辿り着きました。
その習慣は、当時から15年経った今でも継続しています。そして、数ある野菜の中から、何を選ぶかです。
そして、いろいろ調べた結果、いろんなバリエーションが豊富と言う事で、じゃがいもに決まりました。
じゃがいもは、大人も子供も大好きな野菜です。そして、おやつにもおかずにもなります。お値段も手頃です。
沢山あっても困らない野菜がじゃがいもです。季節によって、新じゃがにしたり、料理によって、じゃがいもの種類を変えたりしています。
でも、じゃがいも料理は、今も昔も、私と娘での週末の料理として定着しています。
おかげで、じゃがいも料理のバリエーションは増えましたし、家族みんなが、じゃがいものみならず、芋類は大好きになりました。

今では近くのヤオコー検見川浜店や千葉市の花見川区の生鮮市場のスーパーで、その季節に、どんなじゃがいもが入荷されるのかが、わかるぐらいです。
単品でも売っていますが、我が家は、じゃがいもが大好きなので、5個-6個入りで、298円の物を毎回、買っています。
週末に娘と作るじゃがいも料理は、私は主に、じゃがいものそぼろあんかけやフライドポテト、またじゃがいもと鮭の塩炒めなどのメイン料理を担当し、娘はじゃがいもボールやじゃがいもちなど、片栗粉を使ったコネコネする料理を担当しています。
また、じゃがいも料理は、どんな料理にも合いますし、お酒のツマミにも合うので、ハズレ知らずです。
そんな感じなので、いつの間にかじゃがいもに対しての舌が肥えているので、外食では、逆にじゃがいも料理は食べないです。じゃがいも料理イコール我が家の料理と言うイメージを家族みんなが持っているからだと思います。
良く親から子へ、引き継がれる料理がありますが、我が家は、間違いなく、じゃがいも料理だと思います。

Page Top ▲